新車の事故で買い替え、修理

新車が事故に巻き込まれた・・修理と買い替え、どちらがよい?

新車で事故をした場合(相手が100%責任がある場合でも、自損の場合でも)、せっかくの新車を買い換えるべきか、自動車保険の営業マンとの相談で修理をするべきか・・・悩みますよね。

 


↑上記レベルの事故に巻き込まれても新車、中古車にかかわらず、相手の保険会社は修理代金と少し見舞金(賠償)的な格落ち、評価損分を出すということで、新車の買い替えの代金を渋る傾向があります。私の家族も新車での全損事故(相手が「10:0」で100%非があった)に巻き込まれた経験があります。

 

今、この知識を持っていれば、まだまだきちんと交渉ができたのではないかと思っています。

 

 

⇒ 交通事故被害者サポートの弁護士事務所相談窓口

 

相談料は無料で24時間、365日対応しています。

 

 

 

ということで、当サイトでは新車の事故後の車の買い替えについてや、事故をした相手との交渉、自動車保険会社との話し合いについてまとめていますので、新車で事故にあったという方の参考になれば幸いです。

 

ちなみに当サイトは自分が新車に乗っていて、自分に全く非がなく、100%相手が悪い場合の経験をご紹介しています。

 

↓100%(10割)、自分に非がある事故を起こした方はコチラ(加害者の場合)
⇒相手は新車で相手に全く非がなく、自分が10割「10:0」で事故加害者の方

 

 

ちなみに新車の定義(どのくらいまでが新車?など)については以下です。

新車とは基本的に未登録なら新車、登録してナンバーが付くと、中古車になります。
ですので、自分が新車だと思えば新車!という結構アバウトな概念ですね。
しかし、車の価値でいえば別でやはり中古車でない、新規の車を購入した場合の新車はやはり価値が高いです。

 

ですので、いわゆる新車状態の車が事故に巻き込まれた場合、その新車の価値について相手の保険会社又は事故の原因となった相手本人が弁償、補償をするのがセオリーとなります。

 

先に結論から言うと、

・簡単な修理の場合は修理
・全損、半壊等に近い場合は新車に買い替え
↑事故の場合、この2つの方法しかないです。

 

「修理」か「新車に買い替え」にかかる負担とお金をいかに取り戻すか・・・。
それが大事なポイントになります。

 

正直、こちらに非のない新車事故巻き込まれの場合・・・かなりの損失と言わざるを得ません。新車の価値が下がるだけでなく、時間、身体的苦痛、精神的苦痛・・・さらには仕事等の影響も考えると、新車が!というだけでなく、全体的に許せません。

 

保険会社との交渉も大事ですが、事故後はすぐに警察を呼び、一切の妥協なく、言いたいこと、主張したいことは主張しましょう。

 

事故をもらった方はかなり損失を被っているのですから。
※日本の法律は被害者に厳しく、加害者に優しいのです。

 

ですので、自分の主張、交渉をきちんとしたい方は弁護士事務所の相談がオススメです。

 


⇒ 東京ステラ法律事務所のホームページ

 

24時間、365日対応で相談ができる弁護士事務所の相談窓口です。
相談料も無料ですので、事故に巻き込まれた、示談交渉の結果が納得できない、自動車保険会社の担当者の対応が許せない・・・と言う方は一度、タダですので相談されてみてください。

 

事故車は修理しても価値が低い

ちなみに、一度事故を起こした車は完全に修理をしても、中古車としての価値はかなり低くなります。

 

過去に事故を起こした中古車は一般的に「事故車」といいます。
メーカーでは「修理歴車」とも呼ばれ車の骨格部分を修理した車を対象としています。
が、車の車体、骨格部分を修理していないから事故車ではない、と判断して中古車をさばくことも「隠れた瑕疵(かし)」として、中古車販売会社が損害賠償を請求されたり、売買契約を解除されたりすることもあります。

 

ですので、いくら新車だから・・とはいえ事故車を修理し、いずれ高値で売却・・・と考えているなら
それはなかなか厳しい状態ではないか?と想定されます。

 

↓事故車買取の業界最大級専門会社です。

 

 

 

母親が新車で事故に巻き込まれた・・

私の母が新車(約半年)の軽自動車を走行中に、高齢ドライバーの男性(おじいちゃん)にノンストップで正面衝突(母が避けて運転席側に側面衝突)されました。

 

母は山道を登り、相手は下っていたようです。その際、その高齢ドライバーの男性はノンストップで突っ込んできたそうです。事故後に本人は首の骨を折ったらしく、また事故時のことは全く覚えていないそうです。

 

恐らく居眠り運転か、認知症(痴呆?)的な症状ではなかったと思います。母の代理で交渉した私との話し合いも、最初に事故を起こした高齢の男性の息子さん(この息子もだいぶ高齢だった)でした。その後は相手は保険会社のみで交渉してきました。

 

相手の方が100%責任があるということで「10:0」で相手が事故原因があるとの判断に至りました。

 

※すぐに母の保険会社の方に連絡をしたら当日の夜に動いてくれました。
※事故後はすぐに警察に母と、近くを走っっていた方が連絡をしてくれました。

 

母は奇跡的に短期の入院と肋骨の骨折のみで身体の被害は済みましたが、軽自動車の方は全損状態で山道の崖に潰されていました。。
よく生きていたと思います。

 

この時期、私も家族の病気等でバタバタしており、子供もまだ小さく忙しかったのですが、母と相手の保険会社との交渉をまとめていましたが、とても大変でした。

 

結局のところ、母の治療費、入院費、若干の休業補償は相手保険からでました。が、車の問題がかなり揉めました。母曰く、まだ新車だから新車の同じ車を用意してほしいと依頼しましたが、相手の保険会社は、基本、年数や価値等をチェックした上で修理したらいくらくらいかかるかという計算のもとで「新車を購入する額はだせない」という判断でした。

 

修理をした場合の常識的額が限界ですとのことでした。最終的に10:0でコチラは何も非がなく、訴えてもいないのに、ぶつけられた車を修理してももう乗りたくないということで、修理に該当する保険料のお金をもらい、手出しをした上で別メーカーの新車を購入し直しました。

 

結局、新車と言っても乗っている限りは新車ということではないという判断というか、事故基準があるようで粘り強く訴えましたが、若干の手出しがプラスされたものの、母も早めに交渉を終わらせ、事故のことで色々と巻き込まれたくないと修理ではなく新車の購入を選びました。

 

私の母も引っ込み系の性格で父母の仲が悪く、父も積極的に交渉しない上に私(息子)も、家族の入院等で当時、なかなか交渉等ができない状態でした。
保険会社への連絡等はしていたんですが、交渉のことを勉強したり、色々な事例をチェックしたりすることできず、結局はコチラが全く悪くないという状況でしたが、修理代金分(後から、多少の保険会社の心遣い分をプラス)して新車に買い換えましたが、かなりの手出しをして購入することになったというわけです。

 

非常に腹立たしいと感じましたが、母の自動車保険会社も、相手の保険会社もお互いが納得した上での数字だということになると、文句を言えない・・・という状況で渋々納得したようです。手出しをしても、事故にあった軽自動車よりも、少し安全性の高い、バックモニターのついた知人のメーカーの会社の車を購入しましたが、やはり母の心中は、入院等がなければまだまだキチンと文句も言って、主張もしたかった・・・という後悔が多かったようですよ。

 

コチラは全く悪くないのに、仕事も休まされ、怪我をさせられ、新車の車を全損で処分することになり、更に手出しして新車を買い直すという手間と時間もお金もかかるという・・・なんとも理不尽な仕打ちでしたから、「もっときちんと交渉しておけばよかった」と後悔していますが、事故直後はやはり心身が普通でなく「早く元気になりたい、事故を忘れたい」とい思いが先にたち相手の自動車保険会社の営業担当に丸め込まれたような感じでした。

 

今思えば、交通事故の交渉を引き受けてくれる弁護士に頼んで、すべての交渉をしてもらうという方法があったのに、なぜ依頼しなかったのだろう・・と感じてます。

 

多少の手数料、依頼金を払っても・・・主張すべきところはまだまだあり、きちんと反省をしてもらった上で、治療費や休業の補償、更には車のお金もきちんと納得行く賠償をしてもらえばよかったと後悔しています。ですので、もしいま、自分自身、又はご家族、友人、知人が交通事故に巻き込まれた・・・という方で、自分で強く交渉をすることができないという方は、24時間365日、いつでも無料で相談できるので、一度弁護士に相談してみた方が良いと思いますよ。

 


⇒ 東京ステラ法律事務所のホームページ

 

24時間、365日対応で相談ができる弁護士事務所の相談窓口です。

 

 

新車が事故にあった場合、一番良い新車への買い換え方法は

母が事故にあったとき、家族全員がパニック状態で冷静な判断ができませんでした。
入院が終わり、母が元気になって車に乗ることになったときに修理か新車の買い替えかを悩んでいて、結局新車に買い換えたんですが、後日になって色々とわかったことがあるので、まとめます!

 

事故した車は高く売れない

新車の場合、修理をしても評価損、格落ち、事故車扱いという問題で修理後に処分しても高く売れないです。悔しいですが、結果的に事故車となっているので修理しても処分する際に安くなります。事故にあった車は、修理しても結局、売るときに事故車ですから高く売れずに損をすることが多いです。

 

 

修理には時間がかかる

今回の場合はかなり大きい事故でした。全損、半壊に近い状態です。長期間必要となり代車を出してくれる予定でしたが、ボロボロの中古車でした。。
事故に対しての誠意なんて微塵もないのが現状です。だからこそ、弁護士にきちんと対応してもらい、謝罪と誠意を引き出せばよかったと後悔してます。

 

 

新車の事故の場合は新車買い換えがよい

損害、破損の状態にもよりますが、半壊、全損の場合は新車であっても、再度新しい新車に買い替えたほうが良いと思います。
時間的にもそうですが、多少の手出しがあっても、保険会社からかなりの額を補償してくれます。その額にプラス、新しい車の価値をプラスするという考え方で、再度新車を手に入れた方が、後々手放す場合も高く売れます。

 

せっかくの新車が事故に巻き込まれ、悔しい想いもあると思いますが、冷静に考えれば、また新しい車を買うのことができたという概念もあると思います。新車でも事故にあって修理してしまえば、格落ちになり評価損が大きくなりますから。。

 

 

事故した車を高くで処分しましょう

事故して手放すことを考えた新車は事故後の修理工場だったり、相手の保険会社の言うなりになって売却してはいけません。
なんとなくの流れで処分をしてもらわず、できれば自分、家族で事故った車を売却しましょう。(ココは大事です!)動かなくても車の部品などが高く売れますので、中古車買取会社、事故車買取会社に高く売れます。

 

一度、下記で紹介する買取会社で確認してみてください。
ネットから簡単に確認できます。

 

↓事故車買取の業界最大級専門会社です。

 

出張査定は無料で、疑問や質問も相談できます。自分や家族で事故車を売る方が高くお金になる場合が多いですので、自動車保険会社や他の方に頼らず、事故車はキチンと自分たちで高く売るようにしましょう。(相手の自動車保険会社に任せれば、いくらで売ったのか?もわかりません。)

 

 

新車購入時は自動車保険に特約をプラスして新車を守りましょう!

 

新車を買い換えたら、一年だけでも保険に特約をつけましょう。新車が事故に巻き込まれるということは、意外ですが結構な確率で発生しています。
新車が事故に巻き込まれたら・・・・ほんとに悔しいです。
理不尽にも時間もお金も心身ともに削り取られるんですから・・・。

 

新車を購入したらできるだけ一年間くらいは下記の自動車保険特約を付けましょう!

 

弁護士特約

事故の際に弁護士をほぼ無料で雇えて、事故相手と交渉してもらえます。

 

新車の物損・事故保険(新車買替特約)

新車で事故(自損他損問わず)等にあった場合、傷、破損、いたずらにあった場合、補償額を払ってもらえます。
大体は新車購入額と同様の額の補償額の保険となります。数万円を一回払うだけで、新車購入額と同様の補償額がもらえます。
※今の車は性能が高く、装備も多いので新車の購入額も高くなっています。できるだけ新車のうちは新車用の保険に入っておきましょう。

 

この特約があると、相手方の保険料や慰謝料等に加えて、保険点数も変わらず新車買い替えのための金額が自分の保険会社から支払われます!

 


↑新車に買い替えた場合は自動車保険で新車買い換え特約、弁護士特約がある保険も検討してください。
上記サービスで、特約があるサービスがわかります。

 

 

 

新車の事故で車も心身も傷ついた場合

 

今回の事故で弁護士を交渉に動かせば、まだまだ慰謝料、補償等を貰えたと思います。
初めてのことで何もわからなかったんですが、今回のようなかなり大きいもらい事故の場合、相手の保険会社に丸め込まれる場合が多いようです。

 

ちなみ自分の保険会社も相手の保険会社も、かなり仲間意識があり、徹底的に交渉することはありません。ある程度の基準に則り、手打ちをするんです。

 

保険会社さんも明日は我が身ですから、徹底的には働きません。

 

このことを知っていれば弁護士に依頼して、成功報酬を払ってでも追求したと思います。

 

⇒ 交通事故被害者サポートの弁護士事務所相談窓口

 

ちなみに、入院後、新車買い替え時に保険会社、保険担当者は変えました。
母の場合もそうですが、新車を破壊された、壊された・・・というだけでなく、仕事も休む羽目になり、傷を負って入院し、その後も怖くて車に乗れないという状態になりました。
また仕事を休んで病院に行き治療をするという手間とお金もかかりました。もちろん休業補償や病院までの移動費、治療費は相手方の保険料で負担されましたが、その間の諸費用、心身のストレスについてはまったく相手方に関係はありません。

 

また、一度謝罪したのみで後は保険会社の対応のみという不誠実な態度でした。

 

もちろん大きい怪我をしたわけですから、すぐには謝罪ということもできなかったと思いますが、個人的には痴呆だったり認知症だったりか、または高齢ドライバーにありがちな、ブレーキとアクセルの踏み間違えという単純ミスということが原因だったと考えています。

 

コチラに全く非がないにもかかわらず、高齢だから・・・というだけで済まされる高齢ドライバー問題。事故の高齢者男性の家族も同居しているのかはわかりませんが、早期の免許返納をすすめる、長期の運転はさせないという家族としての義務を果たしていたかわかりません。

 

ですので、弁護士を雇い、徹底的に反省と謝罪と補償をさせればよかったと思っています。

 

 

再度まとめます。

 

・事故の状態にもよりますが、新車買い替えの方が将来的にもプラス。
・事故で破損した新車は自分か家族で最も高い買取会社に売却する。
・相手方の保険会社には一切の妥協をしない。
・入院、治療はじっくりと行い、相手方の催促には応じない。
・入院、治療による休業補償、タクシー代、移動代等はつぶさにメモ、領収書を残す。
・許せないと考えたら弁護士への交渉依頼も検討する。
・ある程度の期間と補償額が見込めたら、後は厄落としと考え、忘れて前向きに。

 

 

母も私もかなり忙しい大事な時期に新車で100%非のない事故に巻き込まれました。心身ともにダメージを受けましたし、事故後の新車買い換えでは手出しもしました。

 

実際、事故や事件の場合、被害者の方が泣くことが多いです。この状況はおかしいと感じますので、早めに法律等を整備してほしいと思います。

 

しかし、早めに事故の事を忘れたい、許せないけど、さっさと前向きにいきたいという母の想いを汲んで交渉を進めました。その事自体はとても前向きで素晴らしいと思います。
辛いことも飲み込んで、忘れて、また前に進む・・・・。

 

「厄落とし」「ある意味、人助け」と前向きに進んだ母はすごいなぁと感じました。そう考える方が生産的でよいのかもしれませんが、出来るだけ事故をした方には反省と謝罪、そして相応の罪滅ぼしはしてもらうのが筋だと思います。ですので、当サイトをみている新車が事故にあっているという方は、冷静にかつ、きちんとした相応の謝罪と補償を求めてくださいね!

事故車の査定額は東京弁護士会の赤本別1、別2がある。

過去にも多くの新車事故の揉め事は多いんですよね。

 

ちなみに交通事故で参考にされる道路交通法はコチラでチェックできます↓

 

警察庁のホームページ
>> 道路交通法
>> 道路交通法72条1項

 

また、交通事故の際に基準となる査定基準が「任意保険」と「東京弁護士会の赤い本・交通事故算定基準」です。
※詳しくは東京弁護士会のホームページを参照ください。

 

青本・赤い本のご紹介
http://www.n-tacc.or.jp/solution/book.html

 

通称青本と呼ばれる「交通事故損害額算定基準」(日弁連交通事故相談センター本部)、赤い本と呼ばれる「民事交通事故訴訟 損害賠償額算定基準」(日弁連交通事故センター東京支部)は、自動車事故の損害賠償についての理解を深めるためにご活用いただける書籍です。
それぞれの編集者が裁判例の傾向等を斟酌し、損害額算定基準として公表しています。ご参考としてご利用いただけますが、あくまでもひとつの算定基準ですので、事件ごとの異なる事情に応じて変わってくることにご留意ください。

 

もし保険会社の査定に納得が行かない場合は「東京弁護士会の赤い本・交通事故算定基準」ではどうなのか?ということを相手方の保険会社に確認してみてもよいかもしれませんね。
となると基本的には、交通事故問題に強い弁護士に一度相談をしてみるのが一番よいですよ!自分で調べていては大変ですので・・・。

 


⇒ 東京ステラ法律事務所のホームページ

 

24時間、365日対応で相談ができる弁護士事務所の相談窓口です。


  • SEOブログパーツ